こんにちは。ストアマネージャーです。

実りの秋。読書の秋、運動の秋、そして食欲の秋です。何をするにも適した環境のこの季節。冬眠に備えて栄養を溜め込もうとする本能が、隠しきれずにむき出しになるタイミングでもあります。筆者も、この点に関しては抜かりなく過ごしている最中です。はい!

ではその他の点、運動の秋はどうでしょう。東京オリンピックの開会式が行われた10月10日は体育の日と制定されたり、運動会など各種行事が行われる機会でもあります。いつでも捨てれます。これを機に「運動してみる」をインストールしてみましょう。

 

イオン内を歩いてお得に健康管理

モールウォーキングをご存知でしょうか。いかにもキャッチーな「私にもできそう感」が漂うこのワード。字の如く、『イオンモール内を歩く』と言う行動にお得な特典を付与し、健康管理の一役を担いたい。「イオン ドラッグ・ファーマシー」が提案するヘルスケアに関する取り組みです。

専用タッチスタンド

モールウォーキングは、イオンモール内4ヵ所に設置された専用タッチスタンドに、電子マネーWAONカードを“1日で4ヵ所すべてにタッチ”することで健康ポイントがもらえるイベントです※1。健康ポイントは1 健康ポイント=1WAON に交換できます。

毎月20日間以上タッチすることでボーナスポイント「20ポイント」がもらえます。

健康ポイントを付与するためには毎月1回以上電子マネーWAON カードを用いて、ドラッグストア等に設置されている体組成計・もしくは血圧計を利用する必要があります(無料)。

ドラッグストアの様子

その二

イベントの実施期間は店舗により異なるので各自ご確認ください。

生活習慣病の予防を確立する為、筆頭モデルになるべく取り組まれた同イベント。広大な敷地を売りとした同店舗内で、天候に影響されることなく歩くこと、モールウォーキングで身についた運動習慣をきっかけに、健康意識を高めてもらうという狙いです。

店舗によっては総距離が2kmもあるのだそう。同じ2kmでも歩幅があるので一定ではありませんが、2kmで約2,500歩ほど記録できるかと思います。イオンまでの道を徒歩にすれば更に歩数を増やせますね。

モールウォーキングは2015年青森県上北郡にあるイオンモール下田店を皮切りに2016年度に10カ所、2017年度に15ヶ所へと拡充。今後も店舗展開の広がりが予想されます。

そうして歩いた記録を他サービスにも反映させれば、二倍三倍とお得が広がります。そしてなにより、健康へと繋がることになります。

※1 執筆時点で実施されているモールウォーキングは15地域で展開されています。

野生の冬支度。正しくは”冬は食べる物がないので今食う”が理で、なりたての秋にも冬にも食べちゃう筆者は何かが違う様相。しかも野生は車で狩場に移動しません。自力徒歩一択という過酷。あ痛ー、盲点だったいろいろ勘違いしてたー(ノ∀`)

健康リテラシーの向上、いやいや、そんなややっこしい言葉云々よりも「動物えらーい。見習わなくちゃ!」と少しだけ思ったので、「動物だって冬にも食えたら秋にも食うし!」みたいな言い訳を用意しつつ「モールウォーキング」のような選択をしてみようと感じた次第でした。

それではみなさま、ごきげんよう。

保存保存

保存保存

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。