本日は宮崎県で動物病院を営まれている「さがら動物病院」様による、「猫の慢性腎不全の補助療法としてナノバブル水素水とケイ素水を利用した症例について」をご紹介したいと思います。

慢性腎不全の猫ちゃんに対する臨床報告をされています。

報告内のナノバブル水素水はアクアクローバーにより生成された水素水を利用されています。ナノバブル水素水・ケイ素水の非投与群と投与群を対象に「健康寿命の延長と体重、BUN値の変化に明らかなる違いを見出すことができた」と報告されています。

ナノバブル水素水は飲水後、腸管に速やかに吸収されることで満腹感が薄れ、飲水回数の増加を見込めます。多飲多尿の代償となる利尿作用がBUN(尿素窒素)の上昇を抑えたとの見解を示しておられます。

このような使用後の実感や報告はキュレーションメディアのみならず、ご利用者様との会話などでご報告いただく機会がございます。

筆者自身も病気のペットの最期を看取った経験がございます。家族と言えるペットの健康管理にもナノバブル水素水・アクアクローバーを選択肢の一つに加えることを検討してみてください。

Source »» さがら動物病院

Source »» さがら動物病院様・Youtubeページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。